こんにちは、スタッフのタルタニです。

前回に続いてEICMAのブログになります。EICMAにはバイクメーカー以外にもチューニングパーツメーカーが出展していました。

その中でもやはり注目すべきはスクーター関連、特にベスパ関連のチューニングメーカーだったと思います。

マロッシ、ピナスコ、ポリーニ・・・

写真はダイジェストで掲載してみました。

弊社でもボアアップキットやマフラーでお世話になってるメーカーのブースでしたが、どこもパーツにあふれていました。ベスパに限らずATスクーターのカスタムパーツもかなり豊富でした。JOGのボアアップキットとかありましたよ。。。日本のスクーターのパーツを海外のカスタムメーカーから探すのもアリですね!

排気量をガンガン上げたり、リードバルブ化するなどがトレンドのように感じました。それと驚いたのがチャオのエンジンのチューニングも盛んであることです!! チャオのエンジンって片手で楽々持てるくらいの草刈り機くらいの大きさしかないのに、キャブを2つ付けて片方はリードバルブ化・・・もう訳が分かりません。(この2日後にイタリアでのチャオの扱いに驚くことになるとは・・・)

マロッシの経営陣の方と、昨今のベスパやスクーター事情についてお話しすることができました。とにかくチューニングしてのレースが盛んだそうです。あとは最近のATは電子機器でハイテク化しているので、エンジンなどチューニングにしくい状況にあり、個人がいじるのが難しくなっているようです。少しいじる楽しみってやっぱり大切だと思うんですけどねぇ~。

この辺りのブースでは10代くらいの少年たちもチューニングされたベスパを食い入るようにみてました。将来友人たちとあれこれチューニングして楽しむんだろうな~いいな~。

特にマロッシではメーカーのPVが流れており、それがまたヨーロッパをベスパでツーリングしてる映像でいい感じでした!YouTubeにもあるのでみなさんも見てみてくださいね!ポイントはやはりツーリング中のメカトラブルも笑いながら修理してまた走り出してるところでしょうか笑

やっぱり修理部品もカスタムパーツもあって、修理できるベスパって素晴らしいですね!!

『CIAO RED』

当店でもチャオが1台あります!イタリアではチャオ専門店があるくらいの人気なんですよ!

はっきり言って幹線道路で辛いですが、細い道や小道を走るのはめちゃくちゃ楽しいです。

みなさまのお問い合わせお待ちしております。