重大発表

こんにちわ、皆さま。スタッフの玉岡です。

春爛漫なこの季節いかがお過ごしでしょうか・・・

 

タイトルの通り、私事なのですが発表がございます。

 

実はこの度、ボアアップいたしました。

125ccから177ccへの大幅な排気量アップです。

LML 2スト125 を購入して早1年半・・

実は少し125の走りに飽きていたのです、はい。

 

そして今回装着したシリンダーキットはこれ!

 

ボアアップキット ブログ用

ポリーニ 177cc ボアアップキット !!

 

ちゃんとシリンダーポート穴の形状にあわせてクランクケースを加工してやります・・・

 

IMG_2520

 

削りすぎると後戻りができないので毎度のことながら緊張しますね・・

約1週間、仕事終わりに作業を進めていた後、完成。

 

それはそうと重整備後になかなかエンジンがかかってくれないとホント血圧上がりますよね、これ。

キックするほどに不安が増していくような・・・

 

今はまだ慣らし運転ですが、トルクの太い走りに満足しています、ありがとうございます。

通勤が少し楽しくなりました。

 

今の走りに飽きたスクーター乗りの皆さま、ボアアップという選択肢はいかがですか?

 

以上!

 

 

 

 

 

Pirelli SC

タイヤを選択する時って結構悩む時があるのですが、皆さんはどんな基準で
選択しますか?

クラシックにするならホワイトリボンというド定番がありますが、ホワイトリボン
以外でクラシックな雰囲気なら、Pirelli SCシリーズは、如何でしょうか?
80年代に純正採用された Pirelli SC、、中々マニアックですが、
意外と雰囲気が良いんですよ。さすが純正採用。ベスパは、フロント周りが丸見えなんで、
タイヤのパターンにも拘りたい所。

ミシェランS83は、純正採用としてはかなり有名ですが、ここはイタリアンなんで、
ピレリーを装着せずには、居られない。。。

私が初めて購入したベスパにもミシェランS83が付いていましたんで、ついついS83に
肩入れをしてしまうんですが、70年代に遡るとロットにより、ミシェランACS,ピレリSCシリーズを
分けて装着されていましたゆえ、70年代ベスパ、ランブレッタにピレリは超お奨め。

グリップなどの性能ですが、通常の町のりではそのパターンにも関わらず十分な性能。
チューブタイプなんで、チューブレスホイールには、装着出来ませんが、
このタイヤの乗り味でより70’S,80’Sを感じる事が出来ましょう。

結構入手しずらいとの声を良く聞きましたが、現在弊社では即納。
サイズは、3.50-10と3.00-10の両サイズを用意しておりますので、スモール、ラージのどれでも
OK.

店内でも展示しておりますので、皆様のご来店をスタッフ一同、お待ちしております。

オンラインショッピングでも掲載中

 

ウィンターアイテムが入りました。

 

こんにちは(..)Staffタカヤマです。

寒さが厳しくなり、12月初旬とは思えない程の雪が降っているところもあるようですね(・・;)

大阪市内でも寒さ対策が必要になってきました

 

そこで、今日は冬のアイテムの入荷情報です!!

 

 

今年は風防に加えてレッグカバーも入荷しました。

”こたつ”とも呼ばれていますね(‘-‘*)

 

レッグカバー + ラージスクリーン があれば冬も極寒ツーリングに行けそうです(*^^*)

 

メーカーにより装着方法が異なるので、仮合わせをしてチェック中です。

気になる方はお気軽にご相談下さい。

 

詳細は近日中にオンラインショップページに掲載いたします♪

 

BENE ショッピングサイト ↓↓

 

マフラー・チャンバーぞくぞく入荷しています。

こんにちは♪ STAFFタカヤマです。

大阪市内もだんだん寒くなってきて、冬の気配。でも、紅葉ツーリングにも行きたいなと思ったりもしています。

 

BENEは寒さ対策アイテム・風防も揃っておりますが、2Sマフラー・チャンバーが各種入荷しております。

※在庫状況はオンラインショップにてチェックできます。

実際に見ていただけるように、展示スペースには出来るだけたくさん展示してみました。

それぞれの特徴や注意点等ございますので、お気軽にご相談下さい。

温かいコーヒーをご用意して、皆様のご来店をおまちしています(*^^*)

BENE Co.,ltd

 

Giannelli is back!

ャネーリと聞いて ”お~~!”と思われる方は、結構いらっしゃるのではないでしょうか?
90年代ベスパブームの時に50用のチャンバーとしてかなり有名な一品でしたからねぇ、、、。

あれから20数年の年月が過ぎ、ジャネーリは、未だに健在。いや前よりも一層進歩しています。

今回の初入荷のジャネーリサイレンサー。。 以前の50用の物とはかなり進歩をしています。

90年代のジャネーリは、手作り感一杯でしたが、今なんて、エキパイに “Giannlli” の文字がありますからねぇ、、。
懐古主義ではないですが、あれはあれでなんか雰囲気ありましたよねぇ。。。と思うのは私だけでしょうか???

装着ですが、シリンダーに直接装着するタイプなんで、”L”型のパイプは、取り外してくださいね。
エンジンがノーマルの場合は、抜けすぎて遅くなりますので、ボアアップ、ビッグキャブの際に使用してください。
レース使用オンリーです。このマフラーを使用して色んな原チャリレースに出るのも楽しいかもしれません。

新型サイドスタンド 入荷!

いやぁ、、こんなスタンド初めてです。 長年、この業界にいますけど、このタイプは、驚きですねぇ。。。
スタンドの棒の部分の形は、いやほど見ましたが、このスタンドは、装着方法がびっくりです。
BUZETTIから新型が発売されたとの情報を受け、サンプルで入れましたが、まさか、、、こんな所に
装着するとは、思ってもみませんでした。

リアのブレーキペダルに装着するんですよねぇ。。。
過去にエンジンマウントのボルトに装着するのがありましたが、まさか、こことは。。。

で、やっぱり気になる取り付けがポンづけがどうか、、。
流石、イタリア。期待通りに加工が必要でした。大きな加工ではなく、ヤスリなんかで削る感じなんですが、
その削り具合は、やっぱりイタリア。品質管理が日本と大きく異なる為に個々により様々。
といっても、センタースタンドに装着する従来の方法より、かなり楽なんで、これはこれでありかも。
装着後は、センタースタンドと重ならないんで、結構、スタンドの上げ下ろしもやり易いという利点があります。

まぁ、こんなちょっとした加工も、後になっては良い思い出になるでしょう。。。いや、思い出になると信じましょう。。

只今、弊社通販サイトにて販売中。

装着可能車両; LML4S(オートマ除く)
Buzettiからは4S用として販売されていますが、P,PX,LML2Sとは、部品が同じなんで、装着出来ると思いますが、
現在、調査中です。ひょっとしてエンジンの重さが異なるので、取り付け位置が異なる為にバランスの問題があるかも
しれません。

現在、スタッフ車両に取り付け中なんで、実際の感じを掴みたい場合は、ご来店ください。
スタッフ一同、ご来店をお待ちしております。