私梅阪、6月上旬に新婚旅行でイタリアに行って参りました。
実はイタリアに行くのは人生初。
しかもミラノやベネツィア、ローマなどの北イタリアには足を入れず、いわゆる「濃くて独特」といわれる南イタリアにダイレクト入国です。

現地では毎日のように溢れるほどの台数のハンドチェンジスクーターを見かけ、交通事情から文化まで短期間にかなり鮮烈な影響を受けました。
そんなスクーター母国でのVESPA/LML事情を、今回は街ごとに分けてレポートさせて頂きます!

 

まずは関空からアリタリア航空の直行便で、ローマにIN。
ローマから乗継便でナポリへと移ります。

 

ローマ空港にて、あわや・・・

日本から12時間のフライトを終えて、「イタリアに来たーーー」 と思ったら、ローマ空港内のショップでいきなりスクーター!
DUCATI のオフィシャルショップや、ベスパグッズ専門のお土産屋さんなんかもあり、意気揚々と空港内を闊歩です。

しかし、早速一発目のハプニング発生。
私たちが予定していた出発ゲート、気が付けば別のゲート番号へと急遽移動になっていて、ローマ空港内を猛ダッシュ。
なんとか目的の飛行機には間に合い、しょっぱなから二人で冷や汗&苦笑いです。

 

 

Napoli

ナポリ空港に着いてからは、スムーズに宿にチェックイン完了。
爆睡して気が付けば朝。 時差とか感じる間もなく、ぱぱっと支度をしたら、早速ナポリの街へGO!

まずはサンタルチア港を経由して、ナポリ一の高級ブランド街・キアイア地区を歩きます。

フニコラーレ(ケーブルカー)を利用して、街の頂上付近まで。 景色を楽しんで、別ルートのケーブルカーで下山。
翌日の午前中は下町の中心地・スパッカナポリを散策して、ピザ堪能したり。

ナポリ滞在は1日半でしたが、行きたいところにはすべて周れて、お腹もはち切れそうなほど旨いピザを食べまくりました。
午後からはフェリーに乗って、次の目的地へ・・・

 

 

isola di capri

高級リゾート地だというカプリ島。 名所は「青の洞窟」だけにあらずでした。
島のなかでは、特に3輪のAPEが大活躍!?
一番南側のエリアではAPEの縦列駐車を見かけるくらい!

島での移動はバスが中心でしたが、レンタルベスパもしてみました!
カプリ島はほとんど信号もなく、メインのロータリーも1か所だけ。 初めての右側通行も不安要素少なめで、一安心。

広さ的には小豆島より一回り小さいくらいでしょうか?
ビーチがそこかしこに点在しているので、陽のあるうちはちょこちょこ移動しながらハシゴ海水浴をしていました。

カプリ島でゆったりした後は、船でソレントに渡り→バスで移動→さらにバス乗継で、アマルフィ海岸へ・・・

 

 

Positano

これまでに見てきたスクーターは、当たり前ですけど生活や仕事のための要素が強かったわけですが、
このポジターノという街では観光地の特色上か、どちらかというと軒先ディスプレイという使われ方に注目。

丁寧に乗っている車両は、その大半がショップの店主かスタッフのものみたいでしたよ~

 

 

Amalfi

隣町のアマルフィは、織田裕二の映画でも有名だそうですね。 私は見たことありませんが・・・
こちらの方がこじんまりとした雰囲気で、スクーターはかなり業務的な使われ方をしている気がしましたよ。

 

迫力の大聖堂と、陽気なお土産街でショッピングを楽しんで、最後の晩餐はシーフードピッツアで乾杯!

 

と、かなり駆け足でお届けしましたが、いかがでしたでしょうか?
個人的な感想では、

  • フロアカーペットの装着率 がものすごい
  • フライスクリーンはミドルもショートも見かけず、未装着もしくは大サイズが主流!
  • プラパーツ(ホーンカバーやハンドルトップ)は経年劣化か破損か、代わりに装着しているものは色違い。 でも気にしていない様子。
  • サイドカバー無しの車両もよく見かけて、かなりハードに使用されているケースが多い

こんな感じでした。

 

学生時代にインドやエジプトを旅行した時にも思いましたが、やっぱり日本では考えられへんくらいにタフに使われてますね。
ではまたどこかに出向くことがあれば、レポートしてみます。^ ^