LMLの新星 / ATエンジン搭載 4ストローク 125cc

 

7月より発売が開始されたオートマチックモデル。 その模様を細かく見ていきましょう。

 

これまでのハンドチェンジモデルと、ほとんど同様の外観ですが、

わかりやすい部分ではスリットが多数追加されました。

 

 

スピードメーターパネルはAT専用にリニューアル。

 

そして、ヘッド&テールライトやウインカーなどの電装部品も変更され、明るさが格段にアップ!

街頭が少なめな郊外エリアではとくに顕著なことでしょう。

 

ちなみにウインカー指示ボタンの横には、エンジンキルスイッチも増設。

 

 

さて、シートをあけるとガソリンの給油口が。

その真下にデロルト製キャブレター、そしてシリンダーが位置します。

 

 

車体右側に7Lのガソリンタンク、そしてバッテリー類を装備。

左側にはベルトやキックスタート用ペダルなどが。

 

 

 

脅威の走行性能

 

気になる走りの部分ですが、まるで125ccとは思えないパワー感

 

2013年8月現在、BENEスタッフも日々テストドライブを重ねておりますが、

二人乗りでもグングン加速し、街中から山まで不自由ないスピードを維持できています。

 

 

とはいえ、実際に乗ってみてからでないと分からない点もあると思います。

BENEではオートマ試乗車も用意しておりますので、LMLのことならお気軽にご相談ください。

 

 

〒536-0005 大阪市城東区中央1-4-22

Tel 06-6930-8739

Fax 06-6930-8735

営業時間 11:00-19:00 (水曜定休)