スタッフ玉岡です!

突然ですが、最近2ストの50cc国産スクーターでさえあまり見ることがなくなったとおもいませんか!?

一昔前まではライダー自身が行っていたエンジン始動時の儀式も

現行車に搭載された優秀なコンピューターでちょちょいのチョイ!

そんな今、”プラグが被る”という言葉自体が死語になりつつあるのかもしれません…

ハンドチェンジスクーターの様なアナログな車両に乗るということは

敷居の高いことだとは全く思いませんが、それでもプラグ被りの対処法だけは習得したいところ。

そんな作業を動画でなるべく分かりやすく紹介出来たらな~という動画であります。