ミラノから電車で南へ走ること約1時間。

ボロネーゼなどの食や産業の重要都市、ボローニャへ到着。

この町にもスクーターの部品を製造する会社があります。

3Wayキャリアなどでご存知の方も多いのではないでしょうか?

そう、”A.M.S.CUPPINI  srl” です!

本社工場にお邪魔するとさっそく大きな機械の動く音がきこえますね…

まず案内されたのがレッグシールドモールやサイドバンパー、キャリア等の材料となる鉄パイプを曲げたりプレス加工する工程。

さぞ多くのスタッフが働いていると思いきや、パートのおばちゃんを含む3人で作業にあたっていました。

パイプ部品を溶接でつなぎ合わせ、メッキを終えると組み立ての工程に移ります。

組み立てエリアを案内された時はちょうど3Wayキャリアの組み立て中でした。

さて、つづいては風防の制作現場です。

アクリルの板を車種ごとの形に切り出し、320℃まで専用の機械で熱します。

熱し終え、材料が柔らかいうちに写真の器具でサンドすればお馴染みの風防が完成です。

機会の動く音・独特の匂い、工場好きには堪らない現場ですよね~

何よりも現場で働く人たちをいくらでも見ていたかったです。