今回レポートするのは同じくミラノ近郊にあるお店、”Casa Lambretta”!

世界中のランブレッタ乗りが御用達にしていると言っても過言ではありません。

リプロ部品の製造販売に始まり、ランブレッタの整備・レストア、さらには世界中のスクーターを集めたミュージアムまで開設されています。

リプロ部品コーナーから案内していただいたのですが部品の豊富さに唖然・・・

エンジンの機関部品やゴム・プラスチック部品はもちろんのこと、

現代の規格ではつくられなくなった特殊ネジや電気端子の細かな部品まですべて揃えられています。

10年落ちくらいの国産バイクより間違いなく部品供給の面では安心して乗れると思ったくらいです(笑)

オリジナルの部品も負けていませんよ~

サイドパネルなどのボディーパーツからフロントフォーク、エンジンケース。

すべて細かく見ていくと、とても半日では時間が足りません!

2階部分はミュージアムとなっていましてランブレッタの歴史的モデルはもちろんのこと

世界中のスクーターや、およそ200年前の足漕ぎ自転車まで展示されているコーナーもございます。

解説画の絵の雰囲気がもはや歴史の教科書に載っていてもおかしくないですよね(笑)

車両との距離が近く、ネジの1つまでじっくりと観察できる貴重な機会でした。

ミラノへ旅行される方は立ち寄ってみてはいかがでしょうか!