たまに入庫されるお客様からのご連絡で突然、ギアが入らなくなりましたとの事で入庫。
どうやらエンジンを開けなくては詳細が分からないようなので、早速御開帳。。。

いやぁ、、はそん、、破損。思いっきりセレクタースパイダーが粉砕していました。
まぁ、ここまで破損しているのは、私でも滅多に経験しない状態。
このエンジンは、70年代前半と思われる物です。原因が古いエンジンの為、はっきりと確定は出来ませんが、
これを機会にしっかりオーバーホール。 まぁ、ここまで破損するような状況のエンジンですから、
クランクや他のギア類もダメです。。。

ある意味、これを機会にガッツリと修理すれば、見違えるようなエンジンになると思いますよ。。。
修理の際の部品の入手状況ですが、まだまだ部品がイタリアの社外品メーカーによって製造されて
いますので、問題ありません。
ガスケットやオイルシールは、勿論の事で、クランクシャフト、ドライブシャフト、各種ギア、、、など、
50年近く前のエンジン部品が新品で入手できます。
50年経ってもまだまだ乗れるベスパ、、、
ネット、友達からの譲渡などで入手した車両の修理/整備/リノベーション、、お気軽に
ご相談ください。 今回の車両も他で入手された車両です。

スタッフ一同、ご来店をお待ちしております。