本日のレポ、フロントショックアブソーバーの交換です。

車体は、LML2S150 フロントブレーキがドラムのタイプです。
LMLがダブルネームで製造していた頃の雰囲気をかなり残しているタイプ。
車両の外観は、ほぼPXBMEと同じと言っても差支えありません。

フロントのドラム回りに若干の変更点が見受けられるものの、ドラムのバックプレートを
除いて他はほぼ同じと考えて頂いても構いません。

ということですので、、PXBME/Pシリーズ用のフロントショックアブソーバーも
何の改造も無しでボルトオンで装着。今回は、CARBONE製のフロントダンパーを装着。
アナログな乗り物ですので、ちょっとダンパーを変更するだけで
劇的に感触が変わります。

PX/P/LML関連のカスタム/整備、承っております。

お気軽にスタッフお伺いください。