弊社の開店当初(90年代)から、持ち込み(当店での販売車両以外の車両)の修理を承っているんですが、
未だに遠慮がちに伺われる方がいらっしゃいます。

今回のタイトル画像の車両も持ち込みでの修理なんですが、普通に受けさせて頂き、
整備を進行させて頂いております。

今回の車両もなんですが、最近、製造終了から10年以上が過ぎているのを日々痛感しています。
例えば、画像のブレーキシューのスプリングでもこんな感じに変更されていますし、この画像には
写っていませんが、反対側は変な棒が溶接されていましたしね。。。。

まぁ、それはそれで色んな所、色んな人を経て現在に至る車両が多いんで、しょうがないんですが。。

で、今回は、各種部品をノーマルに戻して、ベアリング等も交換の上、引き渡しです。

エンジンのオーバーホール等は、昔から良く承ってますが、意外と見逃しがちなのが、
フロント周り。一度、フロント周りのオーバーホールも考えてみませんか?ハンドリングがすっきりしますよ。