LML整備/修理

LMLが日本に正式輸入されてから10年以上も過ぎますと、エンジン関係の整備/修理が必要な
車体がボツボツと出てきます。今回の車両は、日本に来てからはや10年は、経過したか?と思われる
車両で、ここ数年乗っていなかったので、久しぶりの復活の為、整備の依頼をされました。

勿論、復活だけではなく、ばっちり調子よく乗ってるけど、転ばぬ先の杖という感じで、
消耗品だけ交換してください!という依頼も勿論OK.

不動車両の場合、引き取りから修理/整備まで一貫して行いますので、
お気軽にご相談ください。
ハンドルロックの鍵を紛失してハンドルが解除されないという特殊な場合でも引き取りOKです。
(その際には、通常とは異なりますので、若干の追加料金が発生する場合がありますので、予めご了承ください。)

オイル交換からレストア、50年代から、現行モデルまで、幅広く対応しております。
ご依頼は、お気軽にスタッフまで、電話/メールのどちらでも構いません。