キックレバーが、、、滑る滑る。。

キックレバーでエンジンを始動する際に、キックレバーが滑ってエンジン始動出来ない時ってあると思うんですが、
良くあるのが、クラッチ。クラッチが滑ってキックレバーの動きをクランクシャフトに伝えられないという至極簡単な原因。

で、その次がちょっとマニアックな内容なんですが、キックギアが減ってレバーの動きを伝えられないというのもあるんです。
今回は、その事が原因なんですが、トップ画像のようにもうギアが激減りで、キックがズルズル。。。
ギアシャフトとその相手方のギアも交換しなくちゃぁダメです。

ギアのセレクターが減ったからというので交換は、色んな所でアップされていますが、今回のレポの様にその他のギアも要チェック。
ちなみに毎度のネタのギアセレクターの激減り画像。

とまぁ、こんな感じでエンジンをオーバーホールして行きます。
今回のエンジンは、現在中古車販売に向けてアップしている車両のエンジンですが、弊社の中古車は、出来る限り、購入後にお金が掛からないように
鋭意整備をしてから販売しております。と言っても神様ではありませんので、初期不良等もありますので、その際は、一定期間、保障がありますので、ご安心を。。。

流石に新車販売が終了して10年以上も経ちますと整備ポイントがドンドン増えてきます。。。

LMLの新車のみならず、ベスパの中古車も販売しておりますので、お気軽にスタッフまでお伺いください。