P200 キックペダル

やけにキックペダルの位置が低いなぁと思ってたら、案の定、シャフトまで変でした。

通常、ペダルが下がる場合は、ペダルを固定するボルトが緩んでそのスプラインがダメダメな場合が
多いのですが、今回は、キックシャフトの溝までダメでした。
クラシックなんかに割と多い症状でひどい場合は、シャフト自体が捻じれている場合が多いんですが、
その時は、クランクケースから取るのも大変です。なんせ捻じれていますので、シャフトがまっすぐでは
ありません。シャフトを一旦切り取ってからケースから取り出します。

今回は、シャフトの溝だけだったので、意外とするっと抜けましたが、30年以上一度も開けた事のない
エンジン、、やはりその序に各種消耗部品の交換、、そうオーバーホールとなりました。

で、30年経つとこんな部品もダメになりますよ~という見本の部品がこれ。。


このオイルタンクに取り付けるオイルレベルゲージが割れてしまうのは、良くある事ですが、
今回の車両は、このオイルタンクが割れていました。。
なにせ、30年も経つとプラスティックの経年変化でダメになりますよねぇ。。。

まだまだ部品のあるPシリーズですが、なんやかんやと言っても製造終了から30年。。。
心配される方は、一度、纏めて整備をやるのも良いかもしれません。

30年以上前のベスパでも修理/整備、承っております。
お気軽にご相談ください。

 

 

Sunday afternoon , LML meets LML

とちょっと格好よく英語でのタイトルおば、、。

弊社前にお客様のLML4台が集合してたんで、ちょいとワンショット。
オーナー様は、私と同じく昭和なオジサン達。お互いのLMLを眺めながら、
アーダの、コーダのと議論白熱。

結果は、やっぱアナログって色々と楽しいわなと。。

LMLな人たちまだまだ増殖中。。。

初めての人もぜひ、一度ご来店ください。各種説明等させて頂きます。
乗ってみて、、いや、乗り続けて解る、LML。

皆様のご来店をお待ちしております。

50S修理

長年色んなピストンを見てますが、こんな状態は、記憶が無いほどレアです。
リング自体がおそらくサイズが異なっていまして、おそらく何かのリングを装着して
そのサイズ違いのブレにより動いてピストンが削られ、最終的には折れたと思われます。
もちろん、リングが折れましたので、クランクケース内に落ちて、何らしかの害をクランクシャフトかクランクケース
に与えていると思われますので、ケースを開けての清掃、最悪は、クランクシャフトを交換するのが良いかと思われます。

それ以前に良くこんな状態でもエンジンが掛かっていたのが不思議、、、と思いつつ、
ベスパって信じられない状態でもエンジンが掛かる場合がありますからねぇ、、、あ~~、タフな乗り物。。

修理の持ち込みは、喜んで承っておりますが、作業途中で予想も出来ない事が発生する場合がありますので、
予めご了承ください。その際には、勿論、連絡をして各種ご確認の上、作業を決めさせて頂きます。

ベスパ、ランブレッタの修理、レストア、エンジンオーバーホール、、何なりとお伺いください。
30年近い経験と知識で作業をさせて頂きます。

 

 

オリジナル カスタム LML

ノーマルでシンプルに乗るのもそれはそれで一つのスタイルですが、
色んな部品でカスタマイズするのもLMLの醍醐味。

既製品をそのままつけるのも良し、既製品にちょっと手を加えるのも良し、
一から自分で作るのも良しと何でもありですが、本日のレポは、
一から自分で作っちゃいましたというカスタム部品のご紹介。

レーザーカッターにて LML のロゴを自作。いやぁ、綺麗でスマートな佇まい。
オーナー様のセンスが伝わってまいります。

色んな部品でカスタムを楽しんでくださいね。

 

 

Vespa PX カスタム!!!

本日のレポは、 Vespa PX200 のカスタム。

こよなくスクーターを愛するオーナー様のご依頼で、シンプルな中にも色使いに拘ったチョイスでカスタム。

どうですか?このカスタム。白と黒にちょぴっと見えた赤が何とも言えません。
タイヤは、ホワイトリボンを装着しましたが、弊社では2種類扱っていまして、
その2種類を比較した画像がこれです。


コンチネンタルは、チューブレスにも使用できますが、Bの方は、チューブレスに対応していません。
2輪は、タイヤが丸見えな分、パターンにも拘りを見せたい所なので、このBのタイヤパターンもありです。
このBのパターン、中々いい雰囲気ですよねぇ。。。
勿論、今回のオーナー様は、パターンで選んでこのBをチョイス。

で、ここからちょっとしたこの車両のお話。
車両を持ち込んでカスタム/修理/整備など、喜んで承っておりますが、年数が経ってきますと、
車両には色んな歴史が作られます。PXも生産終了から既に10年近く経ち、、、やはり、その間にオーナー様を
転々とされる場合がありますので、必然的に、色んな事が起きたり、間違った作業を施される場合があります。

まずは、リアのタイヤ/ホイール交換時に気付いた事ですが、、、。

次は、間違った作業ではなく、これはPXに時折見かける事で、部品の折れです。

で、この部分の修理ですが、この部品だけで売っていません。ですので、一枚の板からこの部品を作って、
溶接して塗装という工程になり、どうしても価格が高くなってしまいます。
また、この部分の溶接は、燃料タンクが近くにありますので、作業の際には燃料タンクを外してからになり、
作業工賃もその分、上ります。

とまぁ、こんな感じですが、PXFLシリーズには、結構何台かみましたので、もし、
この部分にひびなどがあれば、折れる前に補強をしておいた
方が良いかもしれません。 今回の車両の場合、スペアタイヤ側でしたので、フックがスペアタイヤに引っかかって
あまり動きませんが、あまり良い状況ではありません。

PXシリーズのカスタム/修理/整備、承っております。
お気軽に電話、メールにてお伺いください。

 

 

 

 

こんなカスタムもかっこいい!

 

本日より盆明け営業を再開している当店。
大阪市内はたいへんな雨のなか ご来店頂いている皆様、ありがとうございます。

 

さて、タイトル画像の1枚。
今回投入した部品はこちら  #4498 T5タイプ フロントフェンダー Black Small  ¥14,000+税

 

作業工程はこんな感じです。


画像で見るとざっくりしてますが、フロントフォークを外すためには操作系のケーブル類を外したり、
ブレーキオイルを抜いたり入れ直したりと、意外と作業内容は多いんですが、
フェンダーひとつで かなりイメージが変わりますよね。

 

その後、お客様自身で、

  • タイヤをブロックパターンに変更  #4481 ブロックタイヤ 3.50-10  ¥7,500/1本 +税
  • フロント周りをブラックアウト
  • さらにフォグランプも増設で  ますます男前に仕上がっております!

 

 

いやー、このカスタム路線 たまりません。 わたくし梅阪、大好物です。

ご来店の折には詳しいご説明も可能ですので、お気軽にご相談くださいね。

 

追伸 S様、ご紹介がとてつもなく遅くなってしまいましたが、その後はスクーターの調子はいかがでしょうか?
また何かありましたら、お尋ねください。

 

 

〒536-0005 大阪市城東区中央1-4-22

Tel 06-6930-8739

Fax 06-6930-8735

営業時間 11:00-19:00 (水曜定休)

“Scooter Cross”  スクーターでオフロード!

 

実は、最近にわかにスクータークロス、そう、スクーターでオフロードというのがジワジワ来ています。

お客様の間で林道とかを走っている人は、以前からおられましたが、どうやら火が付きそうな勢い。

オートマなんかでは、結構ポピュラーですが、ここはやっぱりマニュアルスクーターでの
参加が楽しい。。。。

で、スクーターでオフとは、こんな感じという映像を海外から一発
※音量に注意!

 

このこじんまり感が可愛くて楽しいそうですよねぇ。。。
まぁ、スクーターなんで、ゆったりと楽しみましょう。。

 

 

 

お盆休みのお知らせと、台風対策に関する重要なお知らせ 他 

 

告知が遅くなってしまいましたが、当店は8月13(水)~15(金)までの間、お盆休みを頂きます
お客様方には大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒よろしくお願い致します。

 

 

あと台風への備えですが、ラージサイズの風防を装着されている場合は、外しておいた方が間違いないです。
わたくし梅阪も、去年の台風時に大型スクリーン装着のスタデラを、朝方にこかしてしまっていました。

屋外だったんで幸い被害が少なくて済んだんですが、マンションの駐輪場とかだと周りに被害を与えてしまうので要注意ですね。

 

あと、台風のときに限っては、雨対策としてのバイクカバーも外しておいて吉だと思います。
当店のお客様でも、過去にそれが原因でスクーターを転倒させてしまった事例があり、
強い風が吹き続けると、バイクカバーのなかに風が入り込んでパラシュートのようになってしまうんで、大変危険です。

愛車がずぶ濡れになるのは時に心苦しいかもしれませんが、たとえ土砂降りでも、台風のときは我慢しておいた方が逆に良いのかも…

 

 

追伸、こんなときに書くのもなんですが、こないだの定休日にスタッフで泊まりがけツーリングに行ってきました。

火曜日の仕事終わりで、大阪市内を出発。
臨海線で岸和田~貝塚を経由して、泉佐野の好青年Y君の案内で 阪南市の山奥でキャンプ。
翌朝6時に出立の準備をして、Y君はそのまま仕事へ出勤。

我々もそのままキャンプ道具の片づけをして、山を降りて向かった先は、

せんなん里海公園にある、箱作海水浴場!
通称ぴちぴちビーチで、しばし夏気分。
日焼け止め対策していたのにもかかわらず、背中が激焼けになってしまい、お風呂に入るのがイタタタタ… いまだ辛い日々です…

 

そして、ちょうどガソリンが無くなりそうだったんで、

Y君のお店へGO!

元々ガソリンスタンド屋さんですが、趣味が高じてベスパ&LMLショップになっています。
店主のY君自身も、これまでに複数台のハンドチェンジスクーター&外国車を乗り継いできてるみたいなんで、乗り物トークの守備範囲も広し。

ハンドチェンジ用のスペシャルパーツも取り揃えていますので、
泉州地方・南大阪にお立ち寄りの際は、ぜひ遊びにいってみてくださいね ^ ^

 

A.A.motocicletta (エーエーモトシクレッタ)
〒598-0063 大阪府泉佐野市湊1丁目1−38

営業時間 8:00~19:00
定休日 日曜 (祝祭日営業)
http://yoshimiyaoil.com/

 

外出しているときもありますんで、来店時には電話で一報入れといてあげると尚良しです◎
A.A.motocicletta  072-461-1461

 

 

 

 

というわけで、8月 前半戦に関するいろいろなお知らせでした。

皆さん、くれぐれも台風と大雨には気を付けて!!!!!

 

明日10日も当店は平常通りオープンするつもりですが、お天気の良いタイミングで大丈夫ですんで、ご来店お待ちしています。^ ^

個人的にも 2st 150 をパワープッシュ

 

昨日は仕事終わりで、タンデムでPL花火大会へ行ってきました。

とはいえ会場近辺は交通規制もあったりするらしいんで、今回は少し離れた河川敷でひっそりと花火観賞。

ちなみに、わたくし梅阪の愛車は スターデラックス 2st 150cc

かれこれ七年の付き合いで、25000km車両です。

 

行きは急ぎ気味だったので大阪市内から高速道路でバビューンと松原あたりまで、帰りは空いてる下道を選んでまったりと帰ってきました。

こんな風に ケースバイケースで臨機応変な行動ができるのも、150cc クラスならでは。

 

 

というわけで!

現在 Bene ではスターデラックス 2st 150cc の各色を取り揃えております。

 

現在 好評開催中のLML大試乗会でも、2S 150 の試乗車をご用意!
ちなみに 2S 125 も乗り比べOKです!

いずれの車種も ご成約特典あり〼! あわせてよろしくお願いします。

 

 

この機会に、ぜひ実車の魅力に触れてみてくださいね〜 ^ ^

スタッフ一同ご来店をお待ちしております。

 

 

〒536-0005 大阪市城東区中央1-4-22

Tel 06-6930-8739

Fax 06-6930-8735

営業時間 11:00-19:00 (水曜定休)