Pirelli SC

タイヤを選択する時って結構悩む時があるのですが、皆さんはどんな基準で
選択しますか?

クラシックにするならホワイトリボンというド定番がありますが、ホワイトリボン
以外でクラシックな雰囲気なら、Pirelli SCシリーズは、如何でしょうか?
80年代に純正採用された Pirelli SC、、中々マニアックですが、
意外と雰囲気が良いんですよ。さすが純正採用。ベスパは、フロント周りが丸見えなんで、
タイヤのパターンにも拘りたい所。

ミシェランS83は、純正採用としてはかなり有名ですが、ここはイタリアンなんで、
ピレリーを装着せずには、居られない。。。

私が初めて購入したベスパにもミシェランS83が付いていましたんで、ついついS83に
肩入れをしてしまうんですが、70年代に遡るとロットにより、ミシェランACS,ピレリSCシリーズを
分けて装着されていましたゆえ、70年代ベスパ、ランブレッタにピレリは超お奨め。

グリップなどの性能ですが、通常の町のりではそのパターンにも関わらず十分な性能。
チューブタイプなんで、チューブレスホイールには、装着出来ませんが、
このタイヤの乗り味でより70’S,80’Sを感じる事が出来ましょう。

結構入手しずらいとの声を良く聞きましたが、現在弊社では即納。
サイズは、3.50-10と3.00-10の両サイズを用意しておりますので、スモール、ラージのどれでも
OK.

店内でも展示しておりますので、皆様のご来店をスタッフ一同、お待ちしております。

オンラインショッピングでも掲載中

 

ウィンターアイテムが入りました。

 

こんにちは(..)Staffタカヤマです。

寒さが厳しくなり、12月初旬とは思えない程の雪が降っているところもあるようですね(・・;)

大阪市内でも寒さ対策が必要になってきました

 

そこで、今日は冬のアイテムの入荷情報です!!

 

 

今年は風防に加えてレッグカバーも入荷しました。

”こたつ”とも呼ばれていますね(‘-‘*)

 

レッグカバー + ラージスクリーン があれば冬も極寒ツーリングに行けそうです(*^^*)

 

メーカーにより装着方法が異なるので、仮合わせをしてチェック中です。

気になる方はお気軽にご相談下さい。

 

詳細は近日中にオンラインショップページに掲載いたします♪

 

BENE ショッピングサイト ↓↓

 

マフラー・チャンバーぞくぞく入荷しています。

こんにちは♪ STAFFタカヤマです。

大阪市内もだんだん寒くなってきて、冬の気配。でも、紅葉ツーリングにも行きたいなと思ったりもしています。

 

BENEは寒さ対策アイテム・風防も揃っておりますが、2Sマフラー・チャンバーが各種入荷しております。

※在庫状況はオンラインショップにてチェックできます。

実際に見ていただけるように、展示スペースには出来るだけたくさん展示してみました。

それぞれの特徴や注意点等ございますので、お気軽にご相談下さい。

温かいコーヒーをご用意して、皆様のご来店をおまちしています(*^^*)

BENE Co.,ltd

 

Giannelli is back!

ャネーリと聞いて ”お~~!”と思われる方は、結構いらっしゃるのではないでしょうか?
90年代ベスパブームの時に50用のチャンバーとしてかなり有名な一品でしたからねぇ、、、。

あれから20数年の年月が過ぎ、ジャネーリは、未だに健在。いや前よりも一層進歩しています。

今回の初入荷のジャネーリサイレンサー。。 以前の50用の物とはかなり進歩をしています。

90年代のジャネーリは、手作り感一杯でしたが、今なんて、エキパイに “Giannlli” の文字がありますからねぇ、、。
懐古主義ではないですが、あれはあれでなんか雰囲気ありましたよねぇ。。。と思うのは私だけでしょうか???

装着ですが、シリンダーに直接装着するタイプなんで、”L”型のパイプは、取り外してくださいね。
エンジンがノーマルの場合は、抜けすぎて遅くなりますので、ボアアップ、ビッグキャブの際に使用してください。
レース使用オンリーです。このマフラーを使用して色んな原チャリレースに出るのも楽しいかもしれません。

新型サイドスタンド 入荷!

いやぁ、、こんなスタンド初めてです。 長年、この業界にいますけど、このタイプは、驚きですねぇ。。。
スタンドの棒の部分の形は、いやほど見ましたが、このスタンドは、装着方法がびっくりです。
BUZETTIから新型が発売されたとの情報を受け、サンプルで入れましたが、まさか、、、こんな所に
装着するとは、思ってもみませんでした。

リアのブレーキペダルに装着するんですよねぇ。。。
過去にエンジンマウントのボルトに装着するのがありましたが、まさか、こことは。。。

で、やっぱり気になる取り付けがポンづけがどうか、、。
流石、イタリア。期待通りに加工が必要でした。大きな加工ではなく、ヤスリなんかで削る感じなんですが、
その削り具合は、やっぱりイタリア。品質管理が日本と大きく異なる為に個々により様々。
といっても、センタースタンドに装着する従来の方法より、かなり楽なんで、これはこれでありかも。
装着後は、センタースタンドと重ならないんで、結構、スタンドの上げ下ろしもやり易いという利点があります。

まぁ、こんなちょっとした加工も、後になっては良い思い出になるでしょう。。。いや、思い出になると信じましょう。。

只今、弊社通販サイトにて販売中。

装着可能車両; LML4S(オートマ除く)
Buzettiからは4S用として販売されていますが、P,PX,LML2Sとは、部品が同じなんで、装着出来ると思いますが、
現在、調査中です。ひょっとしてエンジンの重さが異なるので、取り付け位置が異なる為にバランスの問題があるかも
しれません。

現在、スタッフ車両に取り付け中なんで、実際の感じを掴みたい場合は、ご来店ください。
スタッフ一同、ご来店をお待ちしております。

 

 

 

 

Vespa50S/100/125ET3用   新型リアキャリア入荷!

Vespa50S/100/125ET3用の新型リアキャリアが入荷しました。
60年代にVespa/Lambretta等の部品/アクサリーで有名なULMAをモチーフにしたキャリア。

しかもスペアタイヤホルダー付き。50S/100用のホイールとET3用のホイールの両方に対応。
従来は、タイヤホルダーの金具の関係でホイール形状により分かれていましたが、このキャリアは、
2種類の金具が付属していますので、どちらでもOK!イタリア製の割には意外と親切。。。(イタリアの人、すんません。。。)
装着は、従来の様にタコ足(吸盤状のゴム)でフレームに固定するのではなく、上側は、シートロックのボルト、そして下側は
ナンバープレートホルダーの穴を利用しますんで、とっても装着が簡単かつ便利。
勿論、、、イタリア製なんで、装着時のお決まりの若干の調整やコツは必要です。

 

ARIETE is BACK!

こちらのブログをご覧の皆様。お久しぶりでございます。
ちょっとブログをさぼっておりましたが、久しぶりの再入荷の部品達と共にカムバックしました。

タイトルの ARIETE is BACK! 、、ARIETEが復活? なにが復活したんか、、、そう90年代では普通に販売されていた
カラーゴム製品の復活です。

こんかいの復活は、赤と白で、しかもLML/P/PXなど、ちょっと限定になりますが、
当時は、赤/白以外に青とか黄色もありましたよねぇ。。。。黄色なんて、売れるんかいな?と思いつつ仕入ましたが、
単に私の思い込みで、意外と売れました。。 懐かしい90年代です。

20年以上のお付き合いのあるARIETEにある日、”もう一回作れる?”ってな事を直接お伺いした所、二つ返事でOKとの事。
私、直ぐに注文を入れましたよ。。。

では、ラバーパーツの紹介。

  1. リアブレーキペダルラバー; 赤、白の2色。 LMLはオートマを除く全ての車種。VespaはP/PX,
    50S/100/125ET3などのスモールベスパ。PKもOK
    価格;¥864-(税込)
  2. キックペダルラバー; 赤、白の2色。LMLはオートマを除く全ての車種。 Vespa はP/PX/Rally/GTR/GT/GS160など、
    不明な場合は、お伺いください。
    価格;¥864-(税込)
  3. センタースタンドラバー; 赤、白の2色。 LMLはオートマを除く全ての車種。VespaはP/PXのみ。
    注意事項; Pシリーズの初期は、PXより細いタイプが装着されていますので、
    その際は、装着不可です。装着をご希望の場合は、PX用に交換してください。
    スタンドのラバーを外した際にプラスティックのカラーが装着されている場合がありますので、
    そのカラーを外してからこのゴムを装着してください。
    価格;¥864-(税込、2個で1セットの販売)

絶妙な硬さと柔らかさを持つARIETEのラバー製品、是非、お試しください。

お求めは、弊社店頭か下記の弊社通販サイトから
https://www.bene-jp.com/order/html/

店頭では、実際に品質を確認できますので、皆様のご来店をお待ちしております。

ここ1~2ヵ月で 北陸方面のお客様が、じわじわと増えてきてます。

 

あかん、何ですか、この蒸し暑さ。

昨日おとついは 36~37℃ を記録していた大阪市内。
ふと iPhone を見たら、「体感温度 41~42℃」 って・・・ なんてこった、見んかったらよかった と思う、今日この頃。

 

真夜中でも 蒸し蒸し~とした暑さのこもる大阪ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか? こんにちは、梅阪です。

 

さて、8月第1週目の この週末、各地から さまざまなお客様に ご来店頂いております。

そんななか、ふと気づいたことが。

 

それが 今回のブログタイトルにもある通り、
「ここ1~2ヵ月で 北陸方面のお客様が、じわじわと増えてきてます」 っていうこと。

 

これまでにも 地方販売や 配送サービス などをさせてもらってきていますが、 ここにきて 直接来店して頂いての、修理相談&パーツのご購入などが 増加中。

 

本日も 福井県小浜市から、PX200 に乗って自走で来店してくださったお客様。

「はじめての長距離運転チェックを兼ねて、前後キャリアを見に来させてもらいました」
「Bene さんのネット通販のページも見させてもらってましたけど、やっぱり実物を見て 購入を決めたいなぁ と思いまして・・・」

 

なんていう、嬉しいお言葉。  でも分かります、その気持ち。

 

いろいろとお悩み頂いた結果、上記写真の 前後キャリアを ご購入頂きました。

 

 

 

その他にも 7月には、石川県金沢市在住(ベスパ50S) のお客様や、石川県小松市出身(LML乗り) のお客様が 立て続けに ご来店。
さらに、当店の インターネット通販専用サイト ヤフーアウトレットオークション なども例外なく、北陸熱が 俄然あがってきております。

 

「北陸でハンドチェンジブーム到来か!!?」 と思うくらいの頻度でございます。

 

 

 

あと 話が逸れますが、2点ほど業務連絡・・・

 

 

F様。 先日ご契約頂きました LMLオートマチック151cc が当店に入庫しました。
現在 オプションパーツを装着しながら、納車準備を鋭意進行中です。

また整備が大詰めを迎えましたら、再度ご連絡させて頂きますので、よろしくお願い致します。

 

 

そして、夏季休暇のお知らせ。

この夏のベネは、8/12(水)~15(土) の間、夏季休暇とさせて頂きます。
お客様方にはご迷惑をお掛けすることと思いますが、何卒ご容赦ください。

 

 

というわけで、8月も よろしくお願い致します!!!!

 

 

 

イタリアン デザイン スクーターショップ Bene

〒536-0005 大阪市城東区中央1-4-22

Tel 06-6930-8739

Fax 06-6930-8735

営業時間 11:00-19:00 (水曜定休)

パーツ特集 その3 旅にはやっぱりトップケース (ほとんどのラージ系車両に対応しています)

 

 

最近のベネブログ、なんかすっかりパーツの話ばっかりな気がしますが、今回もパーツのお話です。

 

 

さて、ベスパのP/PXシリーズや LMLの各車種にお乗りの皆さん、ヘルメットや荷物の持ち運びって どうされてますか?
梅雨なのに ここのところ全然 雨降りませんが、出先で雨になったときに便利なのが、やっぱりボックスタイプのリアケース。

ちょっと見た目の好き嫌いはあると思うのですが、機能的にはバツグンです。
正直、一度使うとやめられません・・・

 

世の中にはさまざまなトップケースやリアボックスが販売されていますが、
当店で主に取り扱っているのは、イタリアのアクセサリーパーツ大手、FACO(ファーコ)社製品です。

 

 

ただ、そもそもの 大前提なんですが、各種トップケースを装着するには バネ式の折りたたみキャリアではなく、
重みに対応した がっちりと固定できるタイプのリアキャリアが必要となります。

FACO社製のトップケースには、同社製の専用リアキャリアが存在しますので、とても便利。  ( メッキ or 黒 )

まず、車体にリアキャリアをつけておいて、

 

 

トップケースに付属している土台部分を、これまた付属の 取り付けベース&ボルト&ナットで リアキャリアに固定しておきます。

あとは 土台の凹凸に沿うように、トップケース本体を固定させれば完成。 (その後もワンタッチで着脱できます)

 

 

収納力の例

  • ペットボトル 500ml ×3
  • ユニクロ ウルトラライトダウン ×2
  • 折り畳み レジャーシート (90cm * 180cm)
  • 保冷バッグ入り レジャーランチボックス  27cm * 18.5cm * 高18cm

 

トップケース内を見やすくするために、開閉部分のストッパーを解除していますが、
二人分のピクニック用品を入れても、まだかなりの余裕があります。^ ^

 

 

1泊~2泊のツーリング荷物も、ばっちりです

今年の4月に、徳島県の剣山スーパー林道へ行ったときも、このトップケースが活躍しました!
オフロード用のひじ膝ガード、その他のボディプロテクターや 救急用品なども 丸々すっぽり収まります。

スーパー林道では砂利道のフラットダートが中心でしたが、たまに泥水のなかとかも 走らないといけなかったので、
なんといっても、着替えが汚れないっていうのは めちゃ嬉しい!

 

 

 

 

というわけで、通勤通学の日常使用から、アウトドアやロングツーリングまで幅広く役に立つ、FACO の トップケース。
今回も数量限定で再入荷していますので、お求めはお早めに!!!

 

※ご注文は以下の通販専用ページから、お願い致します。

 

トップケース用リアキャリア 各種
販売価格(税込): 11,880 円 ~ 12,960 円
https://www.bene-jp.com/order/html/rear-carrier-for-top-case

 

FACO ツーリングボックス 37L
販売価格(税込): 16,200 円
https://www.bene-jp.com/order/html/faco-touring-box-37l

 

FACO ツーリングボックス 44L コロシアムタイプ
販売価格(税込): 18,360 円
https://www.bene-jp.com/order/html/faco-touring-box-47l-coliseum

 

FACO ツーリングボックス 49L
販売価格(税込): 19,440 円
https://www.bene-jp.com/order/html/faco-touring-box-49l

 

 

この夏の旅のお供に、いかがでしょうか?

皆様からのお問い合わせ、スタッフ一同お待ちしております。

(Bene 梅阪)

 

理想のエンジンを求めて・・・ 第1弾

こんにちは、先日安川のブログで紹介に預かりました玉岡です。

LML2スト125に乗り換えてから早半年・・・遂にエンジンチューニングを施す時がやってきました。

そしてその第一弾目はこれ!!Nuova Mazzuccheli製のフルサークルクランクシャフトです。

ピストンの縦運動を円運動にかえる大事な部品だけにどう乗り味が変化するのか楽しみですね。

それにしても綺麗な円です。

フルサークルクランク

ノーマルクランクシャフトと比べてみると一目瞭然・・・

フルサークルクランク3

残念ながらロータリーバルブエンジン車には対応していません。リードバルブエンジンが元から付いている現行型のLMLの特権であります!

クランクケースを割らないと交換できない部品ですので黙ってエンジンを降ろし、ばらしていきます。

フルサークルクランク4

 

オフロード走行の努力の結晶です(笑)

本国インドで走るLMLもこんな感じでしょうか。

どうでしょうか?

仕事終わりに作業場をかりて作業すること3日間・・ついに取り付け完了!!

早速試乗してみた感想は・・すごくきれいに低回転から高回転にまわっていきます!!

クランクシャフト交換前にあった加速中のくすぶる感じがとれて高回転の伸びも増した様に思われます!!

好きです。この加速感。

 

そして後日、ノーマルタイプのマフラーからチャンバーに交換してみたのですが、

チャンバー特有の中回転から高回転への”ググッ”と後ろから押されるような加速感がより力強くなりました!

具体的な数字でなくて感覚的な表現ばかりでなんかすいません・・・

 

エンジンのオーバーホールをする機会があればぜひお勧めしたい一品であります。